トップ県外の城宮城県大崎市>青塚城

青塚城


 

読み・・・あおつかじょう

所在地・・・宮城県大崎市古川諏訪2丁目(旧古川市)

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・青塚氏

 

古川城の支城

 青塚城は、大崎氏6代目の持詮の弟直兼が居城したことによって始まるという。この直兼が青塚氏の祖と思われる。
 その後、古川弾正の弟、青塚右左衛門が居城したといわれ、あるいは青塚左衛門尉吉春が住んでいたともいわれ、青塚城は
古川城の支城の役割を担っていたようだ。





<現在の状況>

 青塚城は古川城と非常に近い位置にある。
 現在は古川黎明高校の敷地となり、「青塚城跡」と書かれた標柱は高校の隣にある諏訪公園に建てられている。



<あわせて読みたいページ>

 「古川城」青塚城は古川城の支城の役目を担う。

 

青塚城の所在地→