トップ県外の城神奈川県>横浜市>太田道灌屋敷

太田道灌屋敷


読み・・・おおたどうかんやしき

所在地・・・神奈川県横浜市南区三春台

築城年・・・室町時代

築城者・・・太田道灌

主な城主・・・太田道灌、桜井氏


太田道灌の屋敷

 「太田道灌屋敷跡」と伝承されているのは、現在の太田小学校であると考えられている。
 戦国時代になると、北条氏に仕えた桜井氏の居館であった可能性が高い。
 桜井氏は、桜井重政が北条氏綱に仕え、重政の子重信は北条氏康に仕え、重信の子宗信は北条氏政に仕え、宗信の子宗重も北条氏政に仕えた。


<現在の状況>

 「黄金町駅」からすぐの距離に太田小学校があり、ここが太田道灌屋敷跡である。坂の上にあるのが注目。

太田道灌屋敷の所在地→