トップ県外の城群馬県太田市>江田館

江田館


    

   

 

読み・・・えだやかた

所在地・・・群馬県太田市新田上江田町
(旧新田町)

別称・・・江田城

築城年・・・1210年頃       

築城者・・・江田頼有

主な城主・・・江田氏、矢内四郎左衛門

 

*江田行義

 江田館は、江田行義の館と伝えられている。
 江田行義は新田一族で、新田義貞の鎌倉北条征伐に参加し、極楽寺坂口の大将として軍功をたてた。

*反町館とともに

  戦国時代になると、江田館は反町館とともに金山城の支城として改修され、金山城主由良氏の四天王の一人、矢内四郎左衛門の居城となった。
 1584年、北条氏が金山城を攻める際、北条氏は江田館を奪い、金山城攻撃の拠点とした。

 1590年、北条氏が滅亡すると、江田館は廃城となる。 





<現在の状況>

 江田館は、新田荘遺跡の1つで、国指定史跡である。道路沿いに江田館跡があり、突然とその姿を現す。周囲を土塁と堀が囲み、見ごたえは十分。


<あわせて読みたいページ>

 「金山城」由良氏の居城。

 「反町館」江田館と同じく、新田荘遺跡の1つであり、金山城の支城。

江田館の所在地→