トップ栃木県・県央の城宇都宮市>藤本館

藤本館




   

読み・・・ふじもとやかた

所在地・・・栃木県宇都宮市新里町(旧宇都宮市)

別称・・・高橋城

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・高橋氏


鹿沼勢の朝駆け

 芳賀高継は新里郷の高橋和泉守に感状を与えている。すなわち、天正2(1574)年3月26日の「芳賀高継書状写」(小田部庄右衛門氏所蔵文書)、

 「鹿沼朝懸致之候處、各出合無比類相動、敵五十余人討捕候条」

 と、鹿沼勢の朝駆けに対し、高橋和泉守は応戦して敵を約50人討ち取ったというものである。
 ちなみに、同様の感状が大堀館の半田藤右衛門にも与えられている。


<現在の状況>

 館跡は民家であるが、それを囲む堀と土塁が非常に良好に残っている。


<あわせて読みたいページ>


 「宇都宮城」宇都宮氏代々の居城。

 「大堀館」藤本館と同じく、新里地区にある城。

藤本館の所在地→