トップ栃木県・県北の城大田原市>福原要害城

福原要害城


読み・・・ふくはらようがいじょう

所在地・・・栃木県大田原市福原(旧大田原市)

別称・・・福原城、要害城、竜臥城

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・那須氏


詰城

 福原要害城は、福原城の詰城と考えられる。

那須氏の没落

 1590年、豊臣秀吉による小田原攻めに際し、那須資晴はすぐに従わず遅参したため、秀吉の怒りを買い、領地を没収された。
 領地を没収された那須資晴は、烏山城から立ち退き、佐良土城に移って恭順の意を示した。その後、資晴は許されて福原に5千石を与えられ、また資晴の子資景も福原にて5千石が与えられて、福原要害城を居城とした。
 1600年、徳川家康による会津攻めで、那須資景は家康と秀忠に会い、関ヶ原の戦いにおいては父資晴とともに上杉の押さえとして参陣し、加増を受けた。このとき、資景は妻を含めて人質を差し出している。

江戸時代へ