トップ栃木県・県南の城栃木市>平川城

平川城


読み・・・ひらかわじょう

所在地・・・栃木県栃木市大宮町(旧栃木市)

築城年・・・1435年

築城者・・・皆川氏秀

主な城主・・・皆川氏(平川氏)

川原田の戦い

 1435年、皆川氏秀によって平川城は築城された。
 氏秀の父秀宗は、永享の乱に巻き込まれて1438年に自害してしまったため、平川城の氏秀が皆川城主となり、氏秀の二男成明が平川城主となった。
 1523年、鹿沼城を攻め落とした宇都宮忠綱は、その勢いをもって南下して皆川を攻めた。この戦いが「川原田の戦い」と呼ばれるもので、激戦を展開した。宇都宮軍は多くの戦死者を出したが、皆川軍は皆川城主宗成(成明の兄)と平川城主成明が戦死、皆川氏は壊滅的な打撃を受けた。
 川原田の戦いの後、平川城は廃城となる。


<現在の状況>

 東武宇都宮線「やしゅうひらかわ」駅の北側の工場が平川城の跡である。


<あわせて読みたいページ>


 「皆川城」皆川氏の居城。

 「升塚」川原田合戦の戦死者を葬ったとされる塚。

平川城の所在地→