トップ県外の城東京都北区>平塚城

平塚城


 

読み・・・ひらつかじょう

所在地・・・東京都北区上中里1丁目

別称・・・豊島城

築城年・・・平安時代末期

築城者・・・豊島近義

主な城主・・・豊島氏

 

豊島氏
 
 豊島氏は、秩父氏の一族であり、南武蔵で大いに栄えた一族であった。
 その豊島氏の居城が平塚城であり、平安時代末期に豊島近義によって築かれた。
 1476年、山内上杉顕定の重臣長尾景春が謀反を起こすと、平塚城の豊島泰明は、兄で豊島家当主泰経(石神井城主)とともに景春に同調して挙兵した。
 扇谷上杉氏の筆頭家老太田道灌は平塚城を攻め、これに対し豊島氏は平塚城救援のために石神井城と練馬城から出兵し、豊島軍と太田軍は江古田・沼袋原で激突した。この戦いで豊島軍は大敗、平塚城主豊島泰明は討死した。太田道灌はその勢いで、石神井城、練馬城を攻め落とし、豊島泰経は平塚城に逃れるも、攻め落とされた。
 豊島泰経は逃げることには成功したが、こうして豊島氏は滅亡した。





<現在の状況>

 城跡は平塚神社となっており、JR上中里駅の目の前にあって分かりやすい。


<あわせて読みたいページ>

 
滝野川城」平塚城から北西にある城。





 

平塚城の所在地→


より大きな地図で 城分布(栃木の城+α) を表示