トップ栃木県・県央の城鹿沼市>石川城

石川城


   

読み・・・いしかわじょう

所在地・・・栃木県鹿沼市上石川(旧鹿沼市)

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・石川氏


石川氏

 石川氏は宇都宮氏の家臣であった。

 『那須記』には、
 「石川城主 石川内膳正」

 『宇都宮記』には、
 「石川の城主 石川内膳正」

 とあり、いずれも宇都宮氏の家臣として記載されている。

 石川城は、鹿沼城の壬生氏に対しての備えとしての役割を担っており、同目的の城は他に、千渡城深津城茂呂城などがある。


徳節斎への使者

 また『那須記』には、興味深いことが書かれている。

 1576年、鹿沼城の壬生徳節斎が宇都宮国綱に背いたために、国綱は鹿沼城を攻めようとするも、まず使者を送り「敵の心を謀給え」と今泉兵部が言い、国綱はこれを受け入れた。
 その使者を担ったのが、石川内膳正の次男新五郎である。
 新五郎は重大な役目として辞退するが、国綱から「汝雖若年成老士に越たり」と言われ、役目を引き受けて鹿沼城へと向かった。
 新五郎と壬生徳節斎との交渉は失敗に終わる。その交渉の様子を国綱に話すと、国綱は褒美として「犬垣郷の内国屋村矢柄」を新五郎に与えた。

 この後、徳節斎との交渉が決裂したことから、鹿沼城を攻めるに至るというものであるが、徳節斎は宇都宮氏に接近していたために、内容に関しては、疑問がある。


<現在の状況>

 石川城は、石川氏の子孫宅に東西に延びる堀(写真右)が良好に残っている。写真左は土塁跡かと思われる。


<あわせて読みたいページ>


 「宇都宮城」石川氏の主家、宇都宮氏の居城。

 「鹿沼城」壬生氏の鹿沼城への備えが、石川城の役割であった。

 「千渡城」宇賀地氏の城であり、石川城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

 「深津城」小林氏の城であり、石川城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

 「茂呂城」市田氏の城であり、石川城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

石川城の所在地→