トップ栃木県・県央の城宇都宮市>石那田館

石那田館


   

   

 

読み・・・いしなだやかた

所在地・・・栃木県宇都宮市石那田町(旧宇都宮市)

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・小池内蔵

 

小池内蔵

 多気城の支城を担っていたと思われる石那田館は、築城者も築城年も不明であるが、戦国時代には小池内蔵が城主として存在していたことが確認できる。
 「宇都宮下野守「国綱家臣帳」」に、

 「高千三百石 石那田 小池内蔵」

 とあり、1300石で小池内蔵の名前が見える。


<現在の状況>

 石那田館は、田川と日光道に挟まれた場所に位置している。北側は日光道になるが、南、東、西側は土塁が見られる。  特に南側は崖となって田川に面しているため、迫力がある。

<あわせて読みたいページ>


 「宇都宮城」宇都宮氏代々の居城。

石那田館の所在地→