トップ栃木県・県南の城足利市>岩井山城

岩井山城


   

読み・・・いわいやまじょう

所在地・・・栃木県足利市岩井町

別称・・・勧農城

築城年・・・1466年

築城者・・・長尾景人

主な城主・・・(足利)長尾氏、白石豊前守


本城から支城へ

 上杉家の家臣長尾景人が足利庄領主になって足利長尾氏が生まれた。
 岩井山城は、上杉氏と古河公方の対立の渦中にあり、両者の攻防が繰り広げられた。
 景人の子景長(3代目)は、足利城を修築して本城とし、岩井山城は足利城の支城となった。
 5代目の政長は、足利城館林城の両城主になる。そして支城の岩井山城には、白石豊前守を配置した。
 やがて足利長尾氏は北条氏に屈し、1590年小田原攻め後、顕長(6代目)は城地を没収されて足利長尾氏は滅んだ。



<現在の状況>

 岩井山城は、遠くから見てもすぐ分かる位置にある。


<あわせて読みたいページ>


 「足利城」後の長尾足利氏の居城。

 「館林城」長尾足利氏が上杉謙信から与えられた城。

岩井山城の所在地→