トップ県外の城茨城県稲敷市>神宮寺城

神宮寺城


   

   

   

読み・・・じんぐうじじょう

所在地・・・茨城県稲敷市神宮寺(旧桜川村)

築城年・・・南北朝時代

築城者・・・北畠親房

主な城主・・・北畠親房


北畠親房、常陸に入る

 1338年9月、北畠親房、親房の子で鎮守府将軍の北畠顕信、後醍醐天皇の皇子である義良親王と宗良親王ら南朝の大船団は、伊勢を出発して奥州へと向かった。ところが途中で暴風に遭って船は散り散りになってしまう。
 北畠顕信と義良親王は伊勢へと戻され、宗良親王は遠江へ、そして北畠親房が常陸東条浦へと漂着し、神宮寺城へと入ったのである。
 南朝の北畠親房が拠る神宮寺城を、常陸の北朝勢力である佐竹氏、大掾氏、烟田氏らが攻撃。10月5日に落城して親房は小田城へと逃れた。以後、北畠親房の5年にもわたる関東の戦いが始まる。


<現在の状況>

 城の周囲を土塁と堀が囲み、非常に良く残っている。美しい遺構である。


<あわせて読みたいページ>


 「小田城」北畠親房が神宮寺城の次に移った城。

神宮寺城の所在地→