トップ城以外のあれこれ>井伊直弼像(掃部山公園)

井伊直弼像(掃部山公園)




   



所在地・・・神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘


掃部山

 江戸時代まで、この辺りは「不動山」と呼ばれ、海に面した高台だった。
 明治初期には、日本初の鉄道開通に携わった外国人技師の官舎が建てられ、鉄道事業の拠点となった。鉄道開業後もこの山の地下水が鉄道用水に使われたことから、「鉄道山」と呼ばれるようになる。
 明治17年(1884)、旧彦根藩士らがこの一帯を買い取って庭園化して井伊家に寄贈。井伊掃部頭直弼にちなんで「掃部山」となった。
 明治42年(1909)、横浜開港50周年を記念して、井伊直弼の銅像が建立された。大正3年(1914)には、井伊家よりこの地が横浜市に寄付され、掃部山公園として開園。
 
 現在の井伊直弼像は2代目で、昭和29年(1954)に製作されたもの。最初の像は昭和18年(1943)の金属回収によって撤去された。