トップ栃木県・県央の城鹿沼市>鹿沼城

鹿沼城


   

   

   

   

 

読み・・・かぬまじょう

所在地・・・栃木県鹿沼市今宮町(旧鹿沼市)

別称・・・坂田城、亀城

築城年・・・1292年

築城者・・・鹿沼勝綱(権三郎入道教阿)

主な城主・・・鹿沼氏、壬生氏、朽木氏、内田氏

 

*鹿沼氏について

 鹿沼城は1292年、日光二荒山神社にある有名な灯籠、唐銅の灯籠を奉献した豪族、鹿沼権三郎入道教阿は坂田山の山頂に館を構え、居住地としたとみられる。当時、鹿沼は源頼朝が日光山に寄進したと伝えられる66郷の一つで、鎌倉と日光山との因縁が深かった。
 1523年、当時この地方切っての豪族だった鹿沼綱勝が宇都宮氏とにらみ合いとなり、宇都宮忠綱の軍と合戦、鹿沼勢は敵の豪将、山野井称監を討ち取ったが、大将の鹿沼綱勝が戦死、鹿沼城は落城した。

*壬生氏と鹿沼城

 宇都宮忠綱は鹿沼氏と戦った時、壬生綱房に命じて鹿沼綱勝を滅ばした。鹿沼城を落とした宇都宮忠綱は、日光神領の大半を手中にし、加園城主渡辺右衛門尉や南摩城主南摩舎人之助を配下に、粕尾、粟野、久野、深程、真名子、大柿を奪った。
 忠綱は壬生綱房を鹿沼城主とし、
皆川城をも攻めようと進撃。川原田で皆川宗成、平川成明兄弟と対峙してこれを討ち取るも、宇都宮忠綱はそれ以上に皆川勢を深追いせず、宇都宮城に兵を帰した。
 鹿沼城に入った壬生綱房は、古くからの坂田山館を改築し居城とした。自然の高台をそのまま利用、曲輪で守りを固めた一城別郭形式の山城であった。
 その後、1532年にも綱房は御殿山を中心に鹿沼城を大改築、本丸を中心に同心円状の空掘りをめぐらした。これが、丘城または平山城といわれる御殿山であり、高台を利用しての坂田山から、広い場所を求めての城に移転した。
 1576年、壬生徳節斎が壬生綱雄を暗殺。この頃、壬生氏一族に複雑な内情争いが起こっている。1579年頃、
壬生城の綱雄の嫡男義雄が大叔父の壬生徳節斎を攻め、徳節斎は宇都宮多気城の城代、横田氏を頼り一時難を逃れたが、後に小倉へ落ちたところを壬生義雄の武将、板橋将監に討たれた。
 
鹿沼城に入った壬生義雄は1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻めると、壬生氏は北条氏に味方して滅亡。鹿沼城も廃城となる。

 

 

江戸時代へ

江戸時代へ