トップ栃木県・県央の城宇都宮市>上神主・茂原官衙遺跡

上神主・茂原官衙遺跡


  

   

  

   

読み・・・かみこうぬし・もばらかんがいせき

所在地・・・栃木県宇都宮市茂原町・河内郡上三川町上神主

築城年・・・不明

築城者・・・不明


古代、河内郡の官衙

 古代の下野国には、足利、梁田、安蘇、都賀、寒川、河内、芳賀、塩屋、那須の9郡があった。
 上神主・茂原官衙遺跡は河内郡の役所跡と考えられており、その規模は、東西約250メートル、南北約400メートルに推定されている。


<現在の状況>

 上神主・茂原官衙遺跡は宇都宮市と上三川町にまたがっている。
 史跡の南東部には浅間神社古墳があり、その付近には、東山道と推定される道路跡も見られる。


<あわせて読みたいページ>


 「下野国庁跡」下野国の国府。

上神主・茂原官衙遺跡の地図→