トップ県外の城埼玉県行田市>石田三成本陣

石田三成本陣


忍城を望む。   

     

読み・・・いしだみつなりほんじん

所在地・・・埼玉県行田市埼玉(旧行田市)

築城年・・・1590年

築城者・・・石田三成

主な城主・・・石田三成

 

水攻めの本陣

 1590年、豊臣秀吉が小田原攻めをした際、石田三成は忍城を水攻めにした。
 そしてその本陣が丸墓山古墳であったと言われ、古墳の南北に堤(石田堤)を築いた。



 

<現在の状況>

 石田三成が本陣を置いた丸墓山古墳は、最大級の円墳。直径102メートル、高さ18.9メートルである。
 写真左は、丸墓山古墳の上から忍城方面を撮った写真。



<あわせて読みたいページ>

 「忍城」石田三成による水攻めの舞台。

 「石田堤」忍城水攻めの際に石田三成が築いた堤。

石田三成本陣の所在地→