トップ県外の城茨城県結城市>水書氏屋敷

水書氏屋敷


   

読み・・・みずがきしやしき

所在地・・・茨城県結城市江川新宿

別称・・・毛呂郷の代官館

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・称名寺の代官


毛呂郷

 1321年8月、山河判官入道暁尊は、毛呂郷を武蔵国の称名寺に寄進した。当時結城郡は、北部を結城氏が、南部を山河氏が支配し、暁尊が所領の一部である毛呂郷を寄進したのである。
 この暁尊とは、山河貞重であると考えられ、寄進した背景には執権北条氏との関係があった。
 称名寺は北条氏一族である金沢実時が建立したものであり、毛呂郷を称名寺に寄進することによって、山河氏と北条氏との結びつきを強化して、自家の存続を図ったのである。
 称名寺の毛呂郷支配は、代官が1、2名ほど派遣され、山河氏と協力して行っていた。その代官の館が水書氏屋敷であった。


<現在の状況>

 水書氏屋敷は個人宅となっていて立ち入ることはできないが、その周囲を堀が囲っており、かなり立派である。


<あわせて読みたいページ>


 「山川氏館」結城氏の東持寺にある、山河氏(山川氏)の居城。

 「富田屋敷」水書氏屋敷から北へ、金光寺周辺にあった屋敷。

 「水野忠邦の墓」水書氏屋敷から東へ行くとある史跡。

水書氏屋敷の所在地→