トップ県外の城宮城県大崎市>師山城

師山城


   

読み・・・もろやまじょう

所在地・・・宮城県大崎市師山(旧古川市)

築城年・・・南北朝時代

築城者・・・笠原重広

主な城主・・・笠原氏、渋谷氏


拠点の一つ

 笠原重広が築城し、その後、渋谷弥三郎が城主となったという。
 新田頼遠が大崎氏に対して反乱を起こした際、大崎義直は伊達家に援軍を依頼した。この時、伊達稙宗は師山城を拠点にして指揮を採っている。
 大崎氏と伊達氏が争った大崎合戦の時、師山城は大崎氏の拠点の1つとなった。
 城には、古川弾正、百々左京、室田小斎、休塚若狭、石川越前、葛岡太郎左衛門、川熊美濃らが入り、徹底的に伊達軍と戦った。


<現在の状況>

 現在は水田となるも、広大な城の様子が窺える。

師山城の所在地→