トップ栃木県・県南の城栃木市>大宮城

大宮城


堀田正虎

 堀田正虎は、古河藩主で大老の堀田正俊の次男である。
 1864年に堀田正俊が死ぬと、正虎は正俊の遺領から2万石を分与されて、このことにより大宮藩ができた。
 一方、堀田正俊の長男である正仲は、古河藩を継いだものの出羽山形へ移封となり、その後陸奥福島へ移ったが1694年に死去した。正虎は兄である正仲の養子となって福島藩を継いだので、大宮藩は廃藩となった。

 *注・・・大宮藩の居城は城ではなく陣屋である。


<現在の状況>

 大宮神社の南東に、土塁と堀がよく残り見事である。
 ちなみに、写真の上2枚は2005年4月撮影。下6枚は2014年撮影。


<あわせて読みたいページ>


 「祇園城」小山氏の居城。

 「植野城」堀田正虎の弟、堀田正高が藩主の佐野藩。


栃木市の城一覧

大宮城の所在地→