トップ県外の城埼玉県越谷市>大相模氏館

大相模氏舘


  

読み・・・おおさがみしやかた

所在地・・・埼玉県越谷市大成町2丁目

築城年・・・12世紀

築城者・・・大相模能高

主な城主・・・大相模氏


大相模氏

 大相模氏は、武蔵七党の1つ、野与党の一族である。
 箕勾経能の二男能高が大相模に移住して大相模氏となった。以後ずっと住み続け、1729年には中村と姓を変えて、22代目の中村政敏のときには、神道無念流の道場を開いた。


<現在の状況>

 わずかに残る土塁の上に、「従是東忍領」の石碑が建っている。なお、すぐ近くには宇田家屋敷がある。

大相模氏館の所在地→