トップ県外の城茨城県常陸太田市>西山荘

西山荘


   

   

   

   

読み・・・せいざんそう

所在地・・・茨城県常陸太田市新宿町

別称・・・西山御殿

築城年・・・1691年

築城者・・・徳川光圀

主な城主・・・徳川光圀


光圀の隠居所

 水戸徳川家2代藩主の徳川光圀は、1690年に家督を綱條(つなえだ、光圀の兄松平頼重の子)に譲った後、西山荘を隠居所とした。
 光圀が藩主時代から進めていた修史編纂事業(『大日本史』の編纂事業)は、光圀の隠居後も西山荘において続けられた。
 光圀は1700年に亡くなる。西山荘は光圀が亡くなった後も、歴代藩主によって大切に保存された。ところが1817年に野火によって建物が消失してしまった。現在の建物は、1819年に8代藩主齊脩(なりのぶ)によって縮小して再建されたもの。



<現在の状況>

 西山荘は、当時の様子をそのまま残したかのような雰囲気を楽しめる。このような史跡は数が少ないので、貴重なものと言える。

西山荘の所在地→