トップ県外の城東京都世田谷区>世田谷城

世田谷城


   

   

読み・・・せたがやじょう

所在地・・・東京都世田谷区豪徳寺2丁目

築城年・・・南北朝時代

築城者・・・吉良氏

主な城主・・・吉良氏


世田谷吉良氏

 足利氏の庶流である吉良氏は、三河を本拠としており、その分家が、1366年に鎌倉公方足利基氏から戦功として世田谷の地を与えられたという。これが世田谷吉良氏である。
 戦国時代、世田谷吉良氏の当主成高は江戸城の太田道灌と同盟を結び、戦国の世を生き抜いた。
 ところが、成高の子頼康が北条氏綱の娘を妻にすると、次第に世田谷吉良氏の勢力は北条氏に吸収されていき、北条氏と運命を共にするようになる。
 1590年、豊臣秀吉による北条攻めの際、世田谷城は戦わずして開城し、秀吉軍の手に落ちた。
 世田谷城の石材は、その後、江戸城修築の際に持ち去られたといわれる。
 ちなみに吉良氏は、後に忠臣蔵で有名となった吉良上野介と同族である。


<現在の状況>

 世田谷城跡は現在公園となっている。土塁と堀が残り、特に幅広い堀は注目に値する。また、公園の周囲(住宅街となっているが)にも土塁と堀が残っている。なお、近くには井伊直弼の墓がある豪徳寺があるので、そちらもオススメ。


<あわせて読みたいページ>


 「稲付城」東京都北区にある太田道灌が築いた城。

 「木造太田道灌坐像」稲付城内にある太田道灌の木造で、毎月26日に見られる。

世田谷城の所在地→