トップ城以外のあれこれ>本多大隅守忠純の墓

本多大隅守忠純の墓




所在地・・・栃木県栃木市大平町榎本(大中寺)


案内板より

 本多忠純は、宇都宮城主本多上野介正純の実弟であり、榎本城2万8000石の城主である。
 元和元年(1615)大阪夏の陣では武功を立てている。
 元和8年(1622)の宇都宮釣天井事件に連座し、江戸出向の途中、利根川中田の渡しを出た船中において家臣の大助に刺殺されてしまった。
 忠純の葬儀は榎本大中寺において挙行されたという。
 墓碑には「善伯大居士」と書いてある。

※一部変更