トップ城以外のあれこれ>多功家累代の墓(見性寺)

多功家累代の墓(見性寺)


   

   



所在地・・・栃木県河内郡上三川町多功(見性寺)


案内板より

 多功城は宝治2年(1248)多功石見守宗朝によって築城された。
 宇都宮城の南方の固めとして多功の地が選ばれ、宇都宮5代当主頼綱の4男宗朝がその使命を受けたと言われている。
 この墓には、初代より14代綱賀までの城主の墓がある。

※一部変更