トップ栃木県・県央の城市貝町>多田羅館

多田羅館




   

 

読み・・・たたらやかた

所在地・・・栃木県芳賀郡市貝町多田羅

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・君嶋氏?

 

多田羅の地

 多田羅館は、君嶋氏の館と言われる。

 またこの地は、水戸街道筋になっており、『下野一国』に、

 「一 赤羽村中より多田羅村中迄 弐拾町拾三間」
 と、約2204メートルの距離。

 さらには「阿か羽根村より拾八町三十間め橋あり 長さ六間 廣さ四尺 水乃ふかさ弐尺」
 と書かれ、赤羽から約2016メートルのところには橋があったとあり、多田羅館の西側にある川のことであろう。





<現在の状況>

 多田羅館の周囲には能引寺や星宮神社がある。館の規模は大きく、随所に遺構が見られる。


<あわせて読みたいページ>

 「赤羽城」多田羅館より西にある城。

多田羅館の所在地→