トップ栃木県・県南の城栃木市>栃木陣屋

栃木陣屋


  

 

読み・・・とちぎじんや

所在地・・・栃木県栃木市旭町(旧栃木市)

別称・・・足利藩出張陣屋

築城年・・・1789年

築城者・・・戸田忠禄

主な城主・・・不明

 

栃木城内より移転

 1705年、戸田忠利が足利に封ぜられて1万1千石を与えられ、都賀郡内の領地を管轄するため陣屋を栃木町に置いた。
 はじめ陣屋は
栃木城内に設けられたが、1789年、戸田忠禄のときに、満福寺の西側に陣屋を新設して移転した。
 移転された陣屋は、東西54.55メートル、南北90.91メートルで、周囲は堀で囲まれていた。






<現在の状況>

 唯一、栃木陣屋の雰囲気が感じられる門がある。字は薄くなっているが、足利藩の出張陣屋を表す表札が掲げられている。


<あわせて読みたいページ>

 「栃木城」栃木陣屋が設けられる前に使われていた、足利藩の出張陣屋。

 「宇都宮城」戸田忠利は、宇都宮藩主戸田忠昌の弟。

栃木陣屋の所在地→