トップ栃木県・県央の城宇都宮市>横田城

横田城


 

読み・・・よこたじょう

所在地・・・栃木県宇都宮市兵庫塚3丁目(旧宇都宮市)

築城年・・・1237年

築城者・・・横田頼業

主な城主・・・横田氏

 

横田氏

 横田城は宇都宮城の南側を抑える役割を持っていた。
 横田城を築いた横田頼業は、宇都宮頼綱の二男であり、頼業は1249年に上三川城を築いて移住する。
 1380年、横田師綱と綱業父子は、宇都宮基綱と小山義政の戦い「茂原合戦」で討ち死にし、さらに横田綱維、維業、弥業、茂業、業通の五兄弟は1549年に起こった「五月女坂合戦」で討ち死にした。

鎌倉公方の攻撃

 時代が前後してしまうが、鎌倉公方足利基氏が宇都宮氏綱を討伐するための軍を発した時、横田城は落城している。
 応安元年(1368)9月の「嶋津弥三郎代田村忠長軍忠状」(嶋津家文書)の中で、吹上の陣を後にした軍勢が、
 「次追落横田要害」
 と、横田の地を落としている。


<現在の状況>

 島遼伍先生の努力が実を結び、横田城跡碑が建てられた。横田城跡碑が建てられたことは、注目に値する出来事である。


<あわせて読みたいページ>


 「宇都宮城」横田氏の本家、宇都宮氏の居城。

 「上三川城」横田氏が「今泉」と姓を変えて居城とした城。

 「横田家累代の墓(善応寺)」上三川町にある横田氏の墓。

横田城の所在地→