トップ城以外のあれこれ>銅像盧舎那仏坐像(善願寺)

銅像盧舎那仏坐像(善願寺)




所在地・・・栃木県宇都宮市南大通り1丁目(善願寺)


「大豆三粒の金仏」の伝説

 この大仏は享保20年(1735)、善願寺の栄鈷和尚の願いにより造られ、「大豆三粒の金仏」として、次のような伝説が残されている。

 大仏を造る資金が不足して困っていたとき、和尚は善願寺を訪れた旅の僧に願いを打ち明け相談した。僧は大豆三粒を取り出し、これを境内に蒔き、実った大豆を多くの人たちに分けて増やしていけば、やがて資金がえられようと教えてくれた。
 和尚はすぐにこれを実施し、10年後には念願の大仏を造ることができたという。