トップ栃木県・県南の城小山市>石塚館

石塚館




   

読み・・・いしづかやかた

所在地・・・栃木県小山市下石塚

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・石塚氏


石塚氏

 石塚館は、石塚氏の居館跡と考えられている。
 石塚氏は、粟ノ宮(小山市粟宮)の社家である粟宮氏の一族のようだ。

始皇帝の子孫?

 さて、粟宮氏ついてだが、その先祖を遡ると、秦の始皇帝に辿りつくという家伝を持っている。すなわち、
 天正十八年(1590)九月九日、栗橋城主野田氏の家臣である石塚照吉が作成した「石塚照吉由緒書」(小山市立図書館所蔵文書)に、

 「下野国小山之庄之内阿波宮殿与申御侍御座候、秦始皇之御末孫ニ而御座候」

 とある。
 この家伝の真偽は不明だが、粟宮一族は古くから存在していた豪族で、小山氏の中でも重臣の位置にいたとされる。


<現在の状況>

  星宮神社に石塚館の石碑が建っている。小山市内の城跡は石碑が多い。


<あわせて読みたいページ>


 「祇園城」小山氏の居城。

 「国府館」石塚館から北西にある館。


小山市の城一覧

石塚館の所在地→