トップ栃木県・県北の城那須烏山市>烏山城

烏山城


   

   

   

読み・・・からすやまじょう

所在地・・・栃木県那須烏山市城山(旧烏山町)

別称・・・臥牛城

築城年・・・1417年

築城者・・・那須資重

主な城主・・・那須氏、織田信雄、成田氏、松下氏、堀氏、板倉氏、那須氏、永井氏、稲垣氏、大久保氏


下那須氏

 烏山城を築いた那須資重は、那須資氏の次男である。
 資重は、兄の資之と対立し、こうして那須氏は上下(上那須が資之、下那須が資重)に分裂(「那須氏の分裂」参照)。資重は、沢村城から稲積城へ移り、さらに烏山城を築いて移った。
 100年もの間対立していた那須氏は、1514年に上那須氏が滅亡する。そして、下那須の資房(烏山城4代目城主)によって、那須氏が統一された。
 ところが、烏山城の8代目資晴の時に誤算が起こる。
 1590年、秀吉による小田原攻めの際、小田原に駆けつけるのが遅れてしまった。それによって、秀吉の怒りを買い所領を没収、那須氏は没落した。

織田信雄

 織田信雄は信長の次男である。小田原攻めの功績で、秀吉から家康の旧領を与えられるが、それでは父の遺領である尾張を手放すことになり、これを拒否する。そのため秀吉の怒りを買い、伊勢、尾張、伊賀の170万石から、2万石の烏山城主として転封となった。
 烏山に移った信雄は、出家して「常真」と号する。信雄は2ヶ月烏山にいて、その後秋田へと移った。

カラスの伝説

 那須資重は最初、この地ではなく、平群山頂に築城しようとしていたらしい。だが、一羽のカラスが幣束をくわえて、対岸の八高山に飛んでいったのを見て、八高山に築城することにしたという伝説がある。

江戸時代へ