トップ栃木県・県南の城小山市神鳥谷曲輪

神鳥谷曲輪





   

 

読み・・・ひととのやくるわ

所在地・・・栃木県小山市神山1丁目

別称・・・曲輪

築城年・・・不明

築城者・・・小山氏

主な城主・・・小山氏

 

小山氏の館か?

 神鳥谷曲輪は、鎌倉時代の豪族の館と考えられている。
 すると、位置的、規模的にいって、この地に館を構えられるのは小山氏以外に考えられない。


 神鳥谷曲輪は、「曲輪」とだけ称されていることが多い。
 小山市には他に、「大聖寺曲輪」があり、これと区別するために、「神鳥谷曲輪」と表記する。

神鳥谷の由来について

 さて、「神鳥谷」の地名は、難読文字である。
 かつては、「しととのや」と読まれ、今は「ひととのや」と読まれている。

 難読文字すぎるその珍しい地名の由来について、武井佐久三「地名の由来「神鳥谷」考」(『小山市史研究 第4号』)にて、面白いことが書かれている。要約すると、

 ホオジロ科の鳥に、「しとど(しとと)」という鳥がいて、漢字にすると「巫鳥」あるいは「鵐」。
 そして、「巫」は神に仕える者であるから、「巫」に「神」を当てて、「神鳥」としたのではないか?

 というものである。

 それ故に、「神鳥谷」と書いて「しととのや(ひととのや)」と読むのである。
 

 

<現在の状況>

  神鳥谷曲輪は、JRの線路に寸断されていて、石碑があるのは線路の東側である。石碑のすぐ後ろにある土塁は見事。


<あわせて読みたいページ>

 「祇園城」小山氏歴代の居城。

 「長福城」神鳥谷地域にあるもう1つの城。

 「大聖寺曲輪」城南地域にあり、、曲輪の名がつくもう1つの城。

神鳥谷曲輪の所在地→