トップ栃木県・県南の城佐野市>免鳥城

免鳥城


読み・・・めんどりじょう

所在地・・・栃木県佐野市免鳥町(旧佐野市)

別称・・・面鳥城、妻鳥城

築城年・・・1525年

築城者・・・免鳥義昌

主な城主・・・免鳥氏、高瀬満重・忠行、浅羽左衛門・甚内、佐野和泉守


長尾氏との戦い

 免鳥城は、唐沢山城の東の支城として築かれた。
 1532年頃、赤井勝光が免鳥城を奪ったが、赤井勝光は1559年に館林へと走ったため、佐野氏は1572年、高瀬満重と高瀬忠行を免鳥城に入れた。
 1577年、足利城の長尾顕長が免鳥城に攻め込み城を落としたが、佐野宗綱によって奪い返された。
 1581年、長尾顕長が再度免鳥城に攻め込み落城。長尾顕長は免鳥城に浅羽左衛門と浅羽甚内を入れた。
 1583年、佐野宗綱は足利氏の所領へ攻め込んだが討死してしまった(須花坂の戦い)。佐野家は北条氏政の弟氏忠を養子に迎え、これによって免鳥城は、北条氏に属していた長尾顕長から佐野氏忠へ返還された。
 その後、佐野和泉守が免鳥城の城主であったが、1614年に佐野氏が滅亡した際、免鳥城は廃城になった。


<現在の状況>

 城跡は竹藪となり、その竹藪が本丸跡と言われている。


<あわせて読みたいページ>


 「足利城」長尾氏の居城。

免鳥城の所在地→