トップ県北の城那須烏山市>森田城

森田城

 

本丸方向を見上げる。

  

 

所在地・・・栃木県那須烏山市森田(旧南那須町)

築城年・・・1187年

築城者・・・那須光隆

主な城主・・・森田氏

 

2代で廃城

 森田城を築いた那須光隆は、森田氏を名乗った。光隆は子に恵まれず、弟泰隆の子を養子にして後を継がせた。ところが、その養子にも子ができず、森田氏は絶えてしまう。
 森田城は、福原城の那須頼資の所管に移り、廃城となった。

復興

 その後、烏山城の城主那須高資の弟資胤が森田の地を領し、城主となった。1551年、大田原氏と千本氏等の陰謀(資胤を那須家の当主にすること)によって高資は殺された。これにより資胤が烏山城に入り、那須家の当主になる。
 資胤の後は資邦。資邦は福原氏に養子に出されていたが、佐久山城(福原氏の居城)から帰って森田城に入った。
 資邦の後を継いだのは、子の資信である。1590年、
烏山城の那須資晴が秀吉の怒りを買って領地を没収された際、資信も森田城を失い、廃城となった。  

 

 

<現在の状況>

 遺構はわずかである。本丸に通ずる道を歩いていくと、戦国時代の武士達が今にも出てきそうな、そんな印象を受けた。ただ、写真の通り案内板がなぜか2つあった。星2つといきたいところだが、案内板が2つある丁寧ぶりに、星3つにした。

オススメ度 ★★★☆☆

 

森田城の所在地→