トップ栃木県・県北の城那須烏山市>森田城

森田城


   

   

   

読み・・・もりたじょう

所在地・・・栃木県那須烏山市森田(旧南那須町)

築城年・・・1187年

築城者・・・那須光隆

主な城主・・・森田氏


2代で廃城

 森田城を築いた那須光隆は森田氏を名乗った。光隆は子に恵まれず、弟泰隆の子を養子にして後を継がせた。ところが、その養子にも子ができずに森田氏は絶えてしまった。
 森田城は福原城の那須頼資の所管となった。

復興

 その後、烏山城の城主那須高資の弟資胤が森田の地を領して城主となった。1551年、大田原氏と千本氏等の陰謀(資胤を那須家の当主にすること)によって高資は殺された。これによって資胤が烏山城に入り、那須家の当主になる。
 資胤の後は資邦。資邦は福原氏に養子に出されるも、佐久山城(福原氏の居城)から帰って森田城へと入った。
 資邦の後を継いだのは子の資信で、1590年に烏山城の那須資晴が秀吉の怒りを買って領地を没収された際、資信も森田城を失って廃城になる。


<現在の状況>

 芳朝寺「大田原氏累代の墓碑」へ通ずる道が、森田城へ通じる道へとなっている。


<あわせて読みたいページ>


 「烏山城」那須氏の居城。

 「変わらない風景」ブログ「九鬼の響き」森田城の記事。

森田城の所在地→