トップ栃木県・県南の城野木町>野木城

野木城


   

   

読み・・・のぎじょう

所在地・・・栃木県下都賀郡野木町野木

別称・・・野木宮城

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・野木氏?


野木原の戦い

 嘉吉元年(1441)4月5日の「将軍足利義教感状」(小山文書)にて、野木地域で合戦が行われたことが出てくる。すなわち、
 「於野木原、被官人致合戦、討捕武藤・石崎等之条、尤以神妙也」
 と、これは小山持政に宛てた書状であり、野木原において、小山氏の被官人が武藤と石崎などを討ったという。
 この武藤と石崎が、誰を指すのかは分からないが、結城合戦関連の戦いである可能性はある。

小山氏領

 年不詳7月23日の「古河公方足利政氏安堵状」(小山文書)によると、
 「野木郷・瀬下郷並楢木郷之事、成敗不可有相違候」
 とあり、古河公方足利政氏は、小山成長に野木郷・瀬下郷・楢木郷を安堵した。瀬下郷(せじものごう)がどこを指すのかは分からず、楢木郷(ならのきごう)は寒川郡にあった。

 野木の地は、元々は小山氏の所領であったが、小山義政の乱後に没収されて鎌倉公方(古河公方)の御料所となり、そして再度小山氏の所領となったとされる。


加藤五左衛門尉

 小田原攻めの後、北条氏についた小山氏は領地を没収されて、旧小山氏領は結城氏が継いだ。そして文禄5年(1596)正月20日の「結城秀康知行充行状写」(秋田藩家蔵文書)には、
 「高貳百石者 小山領野木村内」
 とあることから、加藤五左衛門尉に結城秀康が200石を与えていることが分かる。


<現在の状況>

 思川浄化センターの南東に野木城はある。野木城のある地形は非常に興味深い。
 野木城は、稲荷谷と清水谷に挟まれた台地上(右下写真参照)にあり、迫力ある地形である。


<あわせて読みたいページ>


 「祇園城」小山氏の居城。

 「法音寺城」野木町にある城。

 「逆川城」野木町にある城。

 「陸地の孤島」ブログ「九鬼の響き」、野木城の記述。


野木町の城一覧

野木城の所在地→