トップ栃木県・県南の城下野市>薬師寺城

薬師寺城


   

読み・・・やくしじじょう

所在地・・・栃木県下野市薬師寺(旧南河内町)

築城年・・・1229〜1231年

築城者・・・小山朝村

主な城主・・・薬師寺氏


薬師寺氏の活躍

 薬師寺城を築いた小山朝村は、小山氏3代目朝長の次男である。朝村が薬師寺城を築き、薬師寺氏を名乗った。
 薬師寺氏の中でも特に活躍した人物は6代目公義で、時代は南北朝の動乱期であった。
 公義は足利尊氏の家臣である高師直の信任厚く、師直の勢力が次第に尊氏の下で拡大されていくと、公義も出世していった。
 師直の勢力拡大を快く思わない尊氏の弟直義は、高師直と対立し、やがてその対立は尊氏と直義と発展していく(観応の擾乱)。1351年に尊氏と直義が戦って直義が勝ち、尊氏や高師直は敗走、薬師寺勢は尊氏方として奮戦する。公義はこの後、世をはかなんで高野山に登って出家した。


<現在の状況>

 薬師寺城跡は雑木林となり、ひっそりと残っている。雑木林化するも、城跡として意識して眺めてみると、なかなかの広大さを実感できる。


<あわせて読みたいページ>


 「祇園城」薬師寺氏の本家、小山氏の居城。

 「宇都宮城」後に薬師寺氏が運命を共にした、宇都宮氏の居城。

 「薬師寺陣屋」薬師寺城から東にある、秋田藩の出張陣屋。

 「薬師寺地域の魅力」ブログ「九鬼の響き」の記述。


下野市の城一覧

薬師寺城の所在地→