トップ県外の城群馬県太田市>新田館

新田館




   

読み・・・にったやかた

所在地・・・群馬県太田市世良田町(旧尾島町)

築城年・・・不明

築城者・・・新田義重?

主な城主・・・新田氏?、世良田氏?


新田義重の館か?

 新田館は、新田氏の祖である新田義重の館と伝えられている。また、義重よりも後の時代の城跡である可能性も高く、新田一族世良田氏の館とも考えられている。

 『吾妻鏡』の建久4年(1193)4月28日に、

 「将軍家自上野国還御。此間、於式部大夫入道上西新田館御遊覧。自其所直還御云々。」

 とあり、(那須野に狩りに出かけた源頼朝が)上野国から戻り、上野国では新田義重の館に立ち寄って、義重の館から直接戻ったことが記されている。
 新田館は新田義重の館の伝承地ではあるが、新田義重の館がここということになれば、頼朝が寄った新田義重の館もここということになりそうである。


<現在の状況>

 総持寺が新田館跡である。総持寺の南東部分に石碑が建っている。


<あわせて読みたいページ>


 「世良田館」新田館から南東にあり、新田一族世良田氏の館。

新田館の寄居の地図→