トップ栃木県・県南の城佐野市>赤見城

赤見城


   

読み・・・あかみじょう

所在地・・・栃木県佐野市赤見町(旧佐野市)

別称・・・町屋城

築城年・・・1175年

築城者・・・足利俊綱

主な城主・・・足利氏、戸賀崎氏、佐野氏

足利俊綱

 赤見城は、足利俊綱によって1175年に築かれた。俊綱は足利城を子の忠綱に譲り、1178年から赤見城に移ったという。
 1181年、源頼朝の叔父である志田義広が頼朝に反旗を翻すと、足利俊綱は志田義広からの援軍要請に応じた。それと同じく、志田義広と対した小山朝政からの援軍要請をも受けた。
 俊綱・忠綱父子は意図的に遅れて小山に到着、この時すでに勝敗は決しており、小山朝政が勝利した。
 この俊綱の動きを頼朝は怒り、和田義盛に俊綱追討を命じた。俊綱は忠綱とともに頼朝軍と戦うものの、家臣であるはずの桐生六郎によって殺された。桐生六郎は頼朝方に内通していたのである。

赤見城落城

 足利俊綱の死後、赤見城は廃城になった。その後、戸賀崎氏が城を修復して居城とする。
 時が過ぎ、戦国時代になると、1559年に赤見城は佐野氏によって攻められた。
 戸賀崎氏の子孫にあたる、赤見伊賀守が佐野泰綱に背いたことから、その怒りを買い対立した。佐野軍に赤見伊賀守は奮闘するも敗れ、常陸に逃れた。
 これによって、赤見城は佐野氏が支配することなった。


<現在の状況>

 赤見城保育園を囲むように、立派な土塁と堀が残っている。実に美しき遺構である。


<あわせて読みたいページ>


 「足利城」足利俊綱の居城。

 「大門館」赤見城と同じく、赤見地区にあった館。

 「横小路城」赤見城と同じく、赤見地区にあった城。

赤見城の所在地→