トップ栃木県・県央の城鹿沼市>茂呂城

茂呂城


読み・・・もろじょう

所在地・・・栃木県鹿沼市茂呂(旧鹿沼市)

別称・・・師城

築城年・・・1570〜1572年?

築城者・・・宇都宮氏

主な城主・・・市田氏


鹿沼城への備え

 宇都宮氏は、鹿沼城の壬生氏に対して城を整備した。その1つが茂呂城であり、その他に、千渡城深津城石川城などがその役目を担っていた。
 茂呂城の初代城主は市田備中守である。
 宇都宮氏の滅亡により、茂呂城は廃城になった。


<現在の状況>

 城主の子孫の御宅が本丸跡である。その周囲に土塁や堀が残っている。


<あわせて読みたいページ>


 「宇都宮城」市田氏の主家、宇都宮氏の居城。

 「鹿沼城」壬生氏の鹿沼城への備えが、茂呂城の役割であった。

 「千渡城」宇賀地氏の城であり、茂呂城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

 「深津城」小林氏の城であり、茂呂城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

 「石川城」石川氏の城であり、茂呂城と同じく鹿沼城への備えとしての城。

茂呂城の所在地→