トップ栃木県・県南の城栃木市>栃木城

栃木城


   

   

 

読み・・・とちぎじょう

所在地・・・栃木県栃木市城内町1丁目(旧栃木市)

築城年・・・不明

築城者・・・皆川広照

主な城主・・・皆川広照


築城年の違い

 栃木城の築城年に関しては、1591年と言われていることが多い。1590年の小田原攻め後、秀吉によって所領を安堵された皆川広照が皆川城に代わる居城、栃木城を築城したというものである。
 ところが、小田原攻めの時には既に栃木城が存在していた可能性がある。
 「北条氏人数覚書」(毛利文家書)によると、皆川広照の城としては、「皆川城 とちき城 とミた城 なんま 四ヶ所 千騎」とある。
 また、「関東八州諸城之覚書」(毛利家文書)でも、皆川広照の城として、「みな川 とちき とミた なんま」と記されている。

「新地」とは?

 栃木城が築城された明確な時期は分からないものの、天正12年(1584)11月23日の「皆川広照書状写」(皆川文書)に、
 「拙者新地存立無由断間」
 とあり、この「新地」が栃木城との指摘もある(江田郁夫『下野長沼氏』)。

 ちなみに書状の内容は、北条氏直が下野国に侵攻し、皆川氏の城まで攻め寄せてきた。そこで佐竹義重が皆川氏の後詰として出陣し、北条氏と佐竹氏が戦った(沼尻の戦い)。勝負はつかず、和議締結後に北条軍は上州へ攻め込んだ。こういう動きに際して皆川広照は、「新地」でしっかりと守りを固めていることを報告しているのである。
 誰に報告したのか、宛名は「浅葉十郎左衛門」。
 この「浅葉十郎左衛門」というのは、長尾氏の家臣で、免鳥城の城主となった浅羽左衛門のことであろうと察する。

1584年の情勢

 上記の書状の続きで皆川広照は、秀吉と家康が戦い(小牧・長久手の戦い)、家康の勝利を祝っている。そして家康と家康の子供について「御達者候哉」と心配をしている。さらに広照は、家康の子供とのやりとりに対して、その不手際を申し訳なく報告している。

 もっとも、浅葉左衛門と家康との関係性は分からない。浅葉氏は後に、越前松平氏に仕えることになるが、時は1584年である。

 1584年当時の情勢は、北条氏は徳川氏と同盟関係であり、佐竹氏と羽柴氏(秀吉)は関係が良好であった。皆川氏の周辺領主は、浅葉氏が仕えていた長尾氏が反北条、浅葉氏の免鳥城に近い佐野氏も反北条。
 そして、皆川広照は家康と定期的にやりとりをし、皆川氏の立場は北条家と同盟関係にある家康と繋がりを持っていた。よって、反北条、親家康だった。
 皆川広照は、目前に迫る北条氏の脅威に対して、単に北条氏と敵対関係の立場を取るのではなく、様々な結びつきが背後にあった。そういう駆け引きをしながら、北条氏の勢力が少しずつ少しずつ入りこんでいき、やがて北条氏に属するようになっていくのである。

小田原の戦い前後

 沼尻の戦い後、皆川氏は北条氏からの攻撃を受け続けて北条氏に属した。1586年頃と見られる。
 こうして北条氏に属した皆川広照は、1590年の小田原攻めでは小田原城に入って籠城するも、4月8日の夜に秀吉に降伏した。4月3日から小田原城の戦いが行われ、その数日後の8日に降伏は非常に早い。
 小田原の戦い後、皆川広照は徳川家康の家臣となり、家康の家臣として所領を安堵された。

 さて栃木城。
 1591年に手が加えられ、皆川広照の居城となった。
 広照が居城を皆川城から栃木城に移した理由として、小田原攻めに際して、秀吉の派遣軍が皆川城を攻め落としたとある。
 広照は、わずか数日で秀吉に降伏しているために、皆川城は秀吉の城のはずである。このことから、実際に皆川城が攻撃を受けたのかどうかは分からないと言える。


<現在の状況>

 栃木城は城址公園となり、土塁と堀を見ることができる。
 ちなみに写真は、上の写真2枚は2002年冬、下の写真2枚は2014年夏のもの。


<あわせて読みたいページ>


 「皆川城」皆川氏の元々の居城。

 「栃木陣屋」栃木城から北西にある、足利藩の出張陣屋。

 「信長への贈り物」テーマで見る中世史の記述。

 「皆川広照という男」ブログ「九鬼の響き」、栃木城についての記事。

栃木城の所在地→