トップ栃木県・県南の城小山市横倉館

横倉館


 

読み・・・よこくらやかた

所在地・・・栃木県小山市大字横倉

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・不明

 

東の防御?

 横倉館は、小田林と結城に対して向かい合っているため、そららに対する防御と考えられている。すると、小山氏の勢力範囲から言って、東の防御となるであろうか。
 城主が誰かは分からないが、小山氏の家臣に横倉藤蔵、横倉豊前という、横倉を本拠地として見られる人物がおり、また、安久津与十郎が横倉村に土着した記録がある。


東の古河公方の御料所

 横倉の地は、小山氏の所領であったが、古河公方足利氏の御料所でもあった。すなわち、

 天文23年(1554)12月24日「足利義氏充行状」(野田家文書)によると、古河公方足利義氏が野田左衛門大夫に「横倉」の地を与えている。

 

 

<現在の状況>

  館跡は新興住宅地となっている。新4号沿いは、城が豊富な印象がある。写真は2012年3月撮影。


<あわせて読みたいページ>

 「祇園城」小山氏の居城。

 「宿尻館」横倉館から南西にある館。

 「下犬塚土塁」横倉館から北にあったと言われる土塁。

横倉館の所在地→