トップ栃木県・県北の城さくら市>桜野陣屋

桜野陣屋


   


読み・・・さくらのじんや

所在地・・・栃木県さくら市櫻野(旧氏家町)

別称・・・佐倉藩出張陣屋

築城年・・・1750年

主な城主・・・佐倉藩からの代官


25年の佐倉藩領

 1750年2月4日、宇都宮藩領のうち、68ヶ村が佐倉藩領となった。
 佐倉藩はその飛び地を支配するため、桜野村の清兵衛の屋敷の裏側に陣屋を置くことを決めた。陣屋は6月12日に普請を開始し、8月14日に完成する。
 佐倉藩陣屋には、佐倉藩からの代官2名、勘定方、徒目付、下目付、手代、門番などの役人が派遣されて行政を担った。
 1775年2月に佐倉藩の支配が終わると、再び宇都宮藩領に戻る村もあれば、幕府の領地(天領)になる村もあった。

<現在の状況>

 桜野陣屋は土地改良によって、畑地や住宅地になっている。陣屋稲荷と呼ばれる小さな祠が、桜野陣屋の存在を今に伝えている。


<あわせて読みたいページ>


 「小金井陣屋」栃木県下野市小金井にもあった佐倉藩の陣屋。


さくら市の城一覧

桜野陣屋の地図→