トップ栃木県・県南の城壬生町>壬生城

壬生城


   

   

   

   

動画で見る壬生城

 

読み・・・みぶじょう

所在地・・・栃木県下都賀郡壬生町本丸1丁目

別称・・・馬蹄城

築城年・・・1462年

築城者・・・壬生胤業

主な城主・・・壬生氏、結城氏、日根野氏、阿部氏、三浦氏、松平氏、加藤氏、鳥居氏

 

壬生氏について

 壬生氏について2つの説がある。1つは、壬生胤業は京都の公家小槻氏の出であるというもの、もう1つは壬生氏は宇都宮氏の分家であるというものである。

 京都小槻氏の出身説は、壬生氏初代の胤業が壬生に移り住んで「壬生」と名乗ったと言われている。当時の壬生周辺の形勢を考えると、京都の貴族が突然に下野国のほぼ真ん中に位置している壬生に移り住み、そして城を構えることは難がありそうである。
 よって、壬生氏は宇都宮氏の分家説が有力とされている。

壬生と壬生城

 壬生胤業は1463年、壬生新町に館を構え居住地とした。
 その後、胤業の子綱重は、壬生家130年の基礎となった壬生城を築き上げた。壬生城は平地であるために、敵の攻撃に備え、黒川を利用したといわれる。現在の黒川は町の東方を流れているが、当時は城の西、つまり町の西方を流れて、城の防御に大きく役立っていたようだ。
 壬生氏は3代目綱房の時に鹿沼城を居城とし、以後壬生氏の居城は鹿沼城となった。


 

江戸時代へ