トップ栃木県・県南の城小山市四ヶ布口

四ヶ布口


   

 

読み・・・しがぬのぐち(よっかいち?)

所在地・・・栃木県小山市大字粟宮

別称・・・四日市口、宮内1号土塁、宮内2号土塁

築城年・・・不明

築城者・・・不明

主な城主・・・不明

 

祗園城の南口

 四ヶ布口は、祗園城城下の南口にあたる。
 「四ヶ布」の名称に関しては、「布」と「市」の漢字の間違いの可能性も指摘されており、「四日市」だったのでは?との見方もある。 
 また、現在この史跡は、「宮内1号土塁」と「宮内2号土塁」となっている。 

 城下の他の出入り口は、北が喜沢土塁、東が馬野路口となる。




<現在の状況>

  鷲城からやや南に「四ヶ布口」があった。林の中にわずかだが土塁が見られ、祠が建てられている。


<あわせて読みたいページ>

 「祗園城」小山氏の居城。

 「鷲城」小山義政の乱の舞台。

 「喜沢土塁」祗園城下の北口。

 「馬野路口」祗園城下の東口。 

四ヶ布口の所在地→