トップ栃木県・県央の城真岡市>八木岡城

八木岡城


   

   

   

読み・・・やぎおかじょう

所在地・・・栃木県真岡市八木岡(旧真岡市)

築城年・・・1293〜1298年

築城者・・・八木岡高房

主な城主・・・八木岡氏、水谷氏


本家は芳賀氏

 八木岡氏は、芳賀氏11代高俊の子高房が八木岡の地に分封され、地名をとって八木岡を称した。芳賀氏は宇都宮氏の重鎮として活躍し、有力な支族も輩出しているが、それら芳賀一門の中でもっとも古参なのが八木岡氏である。
 八木岡高房には跡継ぎがいなかったため、高房は隣領の常陸小栗御厨の領主、小栗重宗の子高政を養子に迎えて2代目とした。

一度目の落城

 鎌倉幕府の崩壊後、南北朝の動乱が起こった。
 1339年2月、南朝方の北畠親房は戦況劣勢の関東での復権を目指し、戦上手の公家武将、春日顕国を常陸方面に派遣した。
 春日顕国は常陸南部の関城を本拠にし、近在の領主の手勢を結集して、益子方面から北朝方に属する下野へ攻め込んだ。この時、八木岡城は攻撃を受けて落城している。

二度目の落城

 戦国時代になると、結城氏の家臣で、下館城の城主水谷正村(蟠竜斎)は、下野への進出を企てた。そして、1544年に中村城の中村玄覚を倒して芳賀領に進出し、八木岡城も攻め落とされた。
 1545年9月、八木岡城主の八木岡貞家は水谷蟠龍斎が築いた久下田城下に進撃し、迎撃する水谷勢と激しく戦った。この戦いで八木岡貞家は戦死してしまう。
 宇都宮尚綱は、中村と八木岡の奪還を図るため、翌年の1546年4月、武田信隆に3千の軍勢を与えて久下田城を攻めさせも、結城、水谷勢に押しまくられて敗退。こうして、中村と八木岡の領地は、完全に水谷氏の支配下に置かれることになった。


<現在の状況>

 八木岡城の整備は見事で、素晴らしい遺構が見られる。特に東側の堀はすごい!


<あわせて読みたいページ>


 「芳賀城」八木岡氏の本家、芳賀氏の居城。

 「下館城」戦国時代、この地ヘ進出した水谷蟠龍斎の居城。

八木岡城の所在地→